Blog
Sep 28, 2016

夏終わってもーた

今年の夏は楽しすぎた。春からジムに通い、あくせく宅トレ。その甲斐あって、世界が変わった気すらして、とにかく毎日が楽しい。

・・・って、1年前のワタシと対談したい。

週末はいかに家から一歩もでないように工夫するかに重きを置いていたけど、今年は月初めにはもう月末までの週末の予定は詰まっていた。平日もぎゅうぎゅう。

・・・人って変わるものなのね。


国内旅行多め。新潟と佐渡島、名古屋、北海道、三重に青森。こんな年は今まで無いわ。ホント自分でも不思議に思う。

新しい趣味に、新しい出会いと悲しいお別れと、いろんな感情が渦巻いた夏だったなと、感慨深い。

なので、やっぱりこのまま楽しもかと。

 

Jun 18, 2016

涙の分解作業

あまりにも不意打ちで、理解し難い悲しみに遭遇したとする。何か大切な存在の喪失や、大きな傷を負うことなど悲しみの原因は様々だ。だけど悲しみに打ちひしがれる中でも自分のことを冷静に見ているもう一人の自分がいる。悲しみを和らげるための、ある種防御策なのかもしれない。それをいつも涙の分解作業と呼んでいる。

しばらく泣いていると、本当にその悲しみが喪失感から来るものなのかと疑問を持ち始める。そして、その悲しみを招いたのは自分が選択した行動だったのではと仮説を立て始める。責めて責めて責め立てる。悲しみの感情は愛おしさの延長線上にあるもので、自分を責めている時は決して悲しんで泣いているわけではないと気付く。では、なんで涙が出るのかという疑問が浮かぶ。そうすると次に自分の責任からくる悔やんでも悔やみ切れない感情に締め付けられる。不憫な自分に対してまた涙が溢れてくる。自分に対して軽蔑と哀れむ感情がごちゃ混ぜになり、なんだかよくわからなくなってくる。だけど、悔やむの延長線上には悼むがある。そしてただただ現実に哀しみ嘆くという感情に戻るのだ。

どんな事が起きようともまた明日が来る。結局のところ時間だけが解決できる事柄ってツライんです。そう、神様が人間に与えた唯一の平等が「時間」なんだよね。昨日より今日、今日より明日って、確実に時間が心の向きを正してくれるのは間違いないこと。時間が解決してくれるって、すごく抽象的であって現実的なの。

哀しみは消えないし、無理に消すことが解決でもない。受け入れられないのも当然のこと。哀しむ気持ちは人間にとって大切な感情の一つ。
そしていろんな感情に駆られて、最後に感謝の気持ちが溢れてきたら、涙の分解作業はおしまい。この作業は1日で終わる涙もあるけれど、何年も何十年もかかる涙もあるんだよね。


#RIP

 

Apr 13, 2016

長いのが好き♪

何処となく卑猥に聞こえてしまうタイトルですが、ホントの話。iPhoneでのパノラマ撮影が最近お気に入りなのです。直近の思い出話を添えてちょっと画像貼ってみます。タブレットやPCで見るのがオススメだけど、スマホなら横向きでパノラマの臨場感を楽しんで♪

【ライン川】ドイツ・デュッセルドルフ
初めてドイツ行ってきました。せっかくなのでライン川でクルッと撮影。激寒かった・・・。でもコントラストがキレイ。
img_1612-2

再び【ライン川】ドイツ・デュッセルドルフ
まさかの大雪。その後のライン川。ちょっと空が想像上のシベリアっぽい。

【ポトマック川】アメリカ・ワシントンD.C.
前にも書いたが、荒川と同じ匂いがした。
IMG_0618.JPG

【中田島砂丘】愛知県
私たちの憩いの場所。遠州のつんっとした朝も、柔らかな昼下がりも、穏やかな夕暮れも全部好き。
img_1620

【水上あたりの雪山】群馬県
ここ数年は毎年行くようになったスキー場。いつもこのくらい晴れてるといいね。

【マナーハウス】千葉県
まさかの千葉県(笑)住宅街にいきなり現れるイングランド。ガーデンウェディングパーティーの第1候補!

【カオルーン】香港
ちょっとイマイチ。変な線が入っているのはグラついたせい。だって強風だったんだもん。

【シャーロット】アメリカ・ノースカロライナ州
これ傑作。臨場感が出せるのはパノラマだからだね。大迫力のお気に入りの一枚♪

・・・アイキャッチ画像に載せたアムステルダム。パノラマ撮るの忘れた。ジーザス。

 

Dec 31, 2015

あれから210日

なかなか記事を投稿できなかったのにはワケがある。色々と書きたいことは溜めていたんだけれども、いまいち投稿する気になれなかったら210日経ってたということ。

とにかくこの夏からは状況が一変。泥水をずっと飲み続けていた気分。いや、違うな。ドラスティックな新規事業に着手したものの、かなり壮絶で(笑)。私の中のメタアウトカムは明確で、今回のゴールも分かりやすいというのに、なぜか腑に落ちていない部分もあって、「もしこの状況になることを私が選択しなければどうなっていたのか」とか「もし私じゃなかったらどうなっていたのか」とか、あまり生産性のない空想にふける時間たびたび。

で、結局のところ、プロセスなんてどーでも良くて、結果でしかない。

あまりグダグダ書きたくないけど、2015年をまとめるならば、そんなところかと。今までは過程が重要なことが多かった分、慣れないよね。いきなり結果しか求められない状況になると。でもね、思ったの。結果さえ出せば、そのプロセスの中に答えがあるって。その答え探しの旅に出たみたいな。リュック一つと潤沢な資金を持たされて(笑)

宝探しのように、ここに宝埋まってます的な答えを知っている人はいなくて、答え合わせはできないんだけども。なので、ちょっと考え方と動き方を変えてみようって思えたら、泥水がちょっとろ過された感じかな。1年後には笑っていたいな。

  
今年は色んなチャレンジしたなって振り返る。去年のコスメマイスターに続き、今年は化粧品成分検定2級に合格して、こないだ1級も受けてきた。1月に発表だけど、たぶん、絶対受かってると思う(笑)。来春に日本化粧品検定1級受けて、とりあえず化粧品の資格系は網羅したかな。ま、元々、国家資格も持っているのだが。資格が欲しいというか、知識が欲しくてその知識を使いこなしたいだけなので、検定の級はオマケみたいなもの。

この写真、先日の試験会場になった大学なんだけど、私のカウンターパートの出身校だったので、この写真を送ったら「そのツリーはね、女の涙が詰まっているんだよ」と返信きた。数々の物語がある重みを感じるものでございました。

さてさて、なんとか今年中に書き終えることができて、ほっ。また来年も有意義な1年でありますように・・・と祈るばかりである。

 

Jun 4, 2015

さそり座の女

なんだかさ、この1年くらいの星回りがどんぴしゃで当たるのよ。ならしで見積もって日本にはさそり座の女が500万人いるとして、その女たちが皆同じ変動を味わってるとは思えない。

運勢を媒体で見て、その通りに私が引き寄せてるだけなのかもねっ…ふっ…。月に2回何かにすがりたくなる年頃なのよ。

では、本題!(タイトルとまったく関係ない。)

 寝ても覚めてもコスメが好きって座右の銘になりつつあるんだけど、今のところ継続中。そしてセフォラのPBを買いあさる。  アイブロウがなかなか優秀。

 
2色セットでセッティングワックス付き!あまり日本ではアイブロウ用のワックスって単品で無いんだけど、アメリカは普通にペンシルで売ってるくらいスタンダード。併用するともちが良いの。ご丁寧に毛抜きまで付いてる。

  
もうねー、もうねー、このプライマーないとメイク出来ないってくらいの神アイテム。乳化系のメイク下地なんてもう使わないと思う。smash box(スマッシュボックス)のフォトフィニッシュはパーフェクトに溝を埋めてくれて、軽い付け心地。使っていても罪悪感が湧かないシリコン系。

Urban Decay(アーバンディケイ)のオイルコントロールのセッティングスプレーは、昼過ぎに気になりだす皮脂をパーフェクトに鎮めてくれる。ほんとにびっくりした。チークも落ちないし、お化粧直しがほとんど不要になった。

あーもー大興奮ですよ。

  
スキンケアはオモイエ。もう手放せない。これね、一度使ったらもうレベル下げられまてん。フェイスオイルは神だよ。ほんと出会わせてくれてありがとうという気持ちが沸くほどのアイテム(笑)

ふー。今日はここまでっ。興奮しながら書いてたら、呼吸止まってたみたい。この記事書き終えたら、まるでランニングしてたみたいな状態。あは。

 

Jun 2, 2015

動画って楽しい…。

今さらっちゃー今さらなんだけど、動画の面白みがiPhone6+で開花した。(買ってからだいぶ経つが…。)

2Dの私がハマったきっかけは、400マイルのドライブ中のこと…。

写真より雰囲気伝わるでしょ(笑)

で、調子に乗ってまた作った。


サーキットの愉快な場面。もうこうなったら、思い出アルバム動画ver.だよね。時間に余裕がないと手出しできなかった領域なんだけど、メチカブーラっつーアプリでこんなに簡単に出来るなんて!2秒のコマっていう制限があるところが、良かったのかも。


我が家のツノガエル様。個人的に神動画に仕上がった(笑)だから最近は、カメラロールが動画だらけ。

仕事ではAfter effect に手を出せって言われて、私はもっぱら2D人間なんで…って逃れてきたけど、そろそろやってみるかなって気持ちが傾いてるとこ。

ささいなきっかけで、クリエイティブの幅が広がるものなのね。

次はコスメティックな戦利品動画作っちゃお。

 

May 30, 2015

Hello world!

3年ぶりに個人的な都合で長期休暇を取り、アメリカのノースカロライナ州に行ってきましたよ。当初は行くつもりなかったけど、あれよあれよと手元にチケットが。ワークホリックにとってはよい薬だった。

目的地はここ。


ちょーかわいい田舎のサーキット。ここから私の伴侶の物語が始まるみたいです。国内有数の小さなサーキット。でも歴史があって、多くの伝説を生んだ場所。

しかし同行したとて、私は時間を持て余し。少し自分の未来のことを考えてみた。そういや、私の夢ってなんだっけ?幼い頃なら夢=職業で済まされるけど、この歳になると、そういうわけにもいかない。私が思い描くのは、夢という言葉より、長期的展望というほうが相応しい気がした。そして、なんだかその響きにガッカリする。

夢って、ぼんやりとした言葉だけど、この言葉を添えるだけで、なにやらスゴイ未来が待っているかのような雰囲気にさせてくれる。長期的展望って現実的でシビアよね。だけど、夢のある長期的展望にすれば、あたかも予想外なハッピーが起きそうな未来になるじゃないの。

ただ人間の悪い癖は、際限なく想像をしないことだと思うの。自由に夢を描くのは誰しも平等な権利だというのに。良く言えば未来に対して謙虚。悪く言えば、未来に対して過小評価。大人になって夢を描くと同時に、自分の発揮できる能力と夢の実現に必要な能力のギャップを0コンマ数秒で試算できるようになっちゃうのよ。そのギャップにうんざりするから、際限を設けるんだと思う。

そこにおいては、やっぱり彼はすごいわ。10歳の頃の夢を30年も強く握っていたんだから。諦める理由に、たくさん直面してきたにも関わらず、絶対に手放さなかった結果だったと思う。こういう経験ってなかなか出会わないから、すごく貴重な体験でした。

そんなこと考えてたら、ボンネットで目玉焼き焼けてました。(嘘)


この後、ワシントンDCへ。車で行った(笑)

ポトマック川は荒川と同じ匂いだった…。

米国ドラマのボーンズが昔から大好きでDC行くならロケ地巡りしよって張り切っていた。ダイナーでゴハン食べたいっ!で、前日にネットで色々調べていたら、驚愕の事実が…。

ワシントンDCでほとんどロケしてない。

ロケ地はロサンゼルスだと!!!えーーー!!!ジェファソニアンはスミソニアンをもじったと思うし、あの外観の博物館がスミソニアンの中にあるだろうと思っていたのに、あれもLA。驚愕。


なんだかなーって感じでしたが、お天気も良かったので自転車借りて街を巡りましたとさ。

めでたしめでたし。

 

Apr 15, 2015

人の心狭きかな。

何事も順調なこの春。泣いたり笑ったり、出会ったり別れたり。あれこれ思い悩むこともあるけれど、それらを突破していく見込みが感じられるというのが、私の順調の定義。

さて、よく通るお寺の掲示板が月替りで、なんだかとってもありがたい言葉を掲示してくれる。

大根に人参の赤きを求めず、
人参に大根の白きを迫らず、
牛蒡にその黒きをたたえ、
蕪にその青きを褒むる。

ずっと心に残ってた一節。遥か昔の聖人の言葉。今まで以上にコミュニケーション力が求められている中、余計この言葉が突き刺さる。

結構ワタシ、性格キツイからな。

今の私は人参に白きを迫っているのかもしれない。人の能力は様々で伸びしろの長さもまちまち。もちろん自分もそう。そもそも伸びしろって気力に影響を受ける部分だと思う。

その気があればカタチにしようと努力して、伸びしろの部分がどんどん出てくる。その気にならなければ、努力する値にない理由を探して、そこで終了。

結局大事なのはリーダーの手腕だったりする。これって、筑前煮の美味しさを左右するさじ加減に似てると思うの。色も形も違う野菜にそれぞれの下ごしらえをして、最終的にはすべての野菜の味をまとめて筑前煮ができる。素材の味を生かしながらも、調和のとれた筑前煮の味にしなきゃいけないの。

たとえそれらが、冷蔵庫にあったあり合わせの素材でも。


さて、春って何か始めたくなる季節。何かを育てたくなるというのか。こないだ『もうどくてん』 で毒のある生物と過ごした後に、栽培ミニポットを買ってみた。

人間って、絶妙なバランスの中で生かされてるんだなとしみじみ思う春でございました。

 

Mar 8, 2015

大家族。

あっという間に3月。昨年末はまだまだタスク緩いな…ふっ…なんて余裕かましていたのに、今年に入った途端、猛スピードで何かが回り始めた。引っ越したことで、何か星回りが変わったのか…。

ところで…

前から欲しかったツノガエルを我が家に迎えました。黄色っぽく見えるけど、マンゴー色してるのよ。瞳はまさにマンゴープリン。名前はもう半年前から決めていた「先生」。先生は全て悟っておられる。マンゴープリンの瞳から見透かされている気さえする。

(断り書き)これはもうすぐ全寮制に入学する長男の代わりではない。

なんだかみずみずしい家族が増えてきた。ピンクのメキシコサラマンダーは巨大化する一方だし、すでに巨大化したクサガメは、毎日ヨダレを垂らしながら私の帰りを迎えてくれる。リクガメは一番光熱費を費やしてるのに、私を完全無視する。毎日生野菜刻んでるというのに。

そんなわけで、また新しい生活の始まり始まり。

 

Dec 28, 2014

とりあえずお化粧しますか。

20141228a

遥々アメリカから届きましたよ。
SEPHORA USAのECサイトから日本へ発送してもらえる。「あっ行かなくてもいいのかっ」ってことで、注文してみた。今回は持ち運びできるブラシ類を物色。なかなか日本では大胆な感じのものに出会えなくて。大胆っていうか、日本のってすごく真面目なんだよね。お国柄っていうのかな。こうゆうツール類でもうちょっと遊び心あってもいいのになって思ってるの。

上の画像はアイメイク用のブラシセット。お値段$22。アイホール、ノーズシャドウ、ライナーまで全部カバーできる5本セット。迷わずピンクにしたけど、この年末に5本ミックスのパステルカラーが新発売してた。ブラシが色違いだとちょっと便利なのよね。消耗品なので、また次に買おうっと。

20141228b

フェイスブラシとチークブラシが一体化。ジーザス。超便利!今回の買い物のテーマは利便性(笑)
ブラシを2本持ち歩く必要がなくなった。使い心地はそれ相応って感じだけど、うん満足。

20141228c

Josie Maran(ジョージマラン)のコスメシリーズ「Josie Maran Cosmetics」。アルガンオイル系のメイクアップ品で結構話題を振りまいていたブランド。ちなみにジョージはメイベリンの看板モデル36歳。
最近のトレンド、リップ&チークを購入。全部で6色あって、選びきれずミニサイズの2カラーセットにしてみた。結果大当たり。このチューブの色に騙されるなかれ。海外のコスメブロガーたちがこぞって肌の上でカラーチャート作ってくれていたので、本当に感謝。チークとグロスが同系色だと仕上がりがまとまるので、便利なのよね。アルガンオイル原料を推してるコスメティックなだけあって、グロスで使っても唇の調子は良好。

ふーお腹いっぱい。。。ってくらい購入したかったのですが、いざ注文しようとすると「日本に送るなら、カートの中身を減らしてちょーだい(翻訳)」って表示されるの。困ったわ。なくなくいくつか削って、全部で5アイテム程度に絞った。それでも送料3,800エンだったわー!!!!たくさん買えば送料の諦めがつくのに、5アイテムだけだなんて。やっぱり行くしかないな。個人的にはUSAよりも欧州圏のセフォラが好きかも。

 

 

Dec 21, 2014

運命論者のツケ

このサイト、ちょっと整備してみました。
気付けば、今年はこれで12個目の記事。え?月に1本のペース?
そんなつもりはなかったのですが、そんな結果だった模様。
パーマリンクの変更などもしたので、いままでのいいね数が全てゼロ(笑)
まっいっか。

あまり本音を吐露できる場ではないので、ちょっと控えめになった気がする。フリーランスで仕事していたので、フルネーム検索をするとまずこのサイトが出てくる。まっ、それはいいのだけれど、その頃の残骸がやっぱりあちらこちらに散らばっているせいで、すぐ経歴がバレる。そんなことが最近になってまたしばしば起きる。なので、このサイトはゆっくり丁寧に育てていこうかと。

20141221a

神通力が通じないわよ?

今年を振り返ると、だいぶ人間力みたいなものが弱ったような気がする。
一旦自信を喪失すると、取り戻すのには数倍の労力が必要。
これもどれも全て、私が運命論者に傾きすぎたせいかもしれない。運命論者(宿命論)をご存じではない方のために、Wikipediaから以下引用。

宿命論(しゅくめいろん)あるいは運命論(うんめいろん) (英:fatalism)とは、世の中の出来事はすべて、あらかじめそうなるように定められていて、人間の努力ではそれを変更できない、とする考え方。宿命論の考え方をする人を宿命論者と言う。

変容を受け入れることに毎回ストレスを感じるよりも、受け入れることが前提で居続ける方が常に心が安定していると思っています。平たく言うと「あっ、そうなのね。そうゆう星回りなのよね。」で物事を片付けてしまう癖が身についてしまっているのです。それってホントに楽だし、目に見えない何かが全てを司っているかのように、全てに順応して生きていけるんです。少し宗教心と似た感じでしょうか。ただ、今年に入って自分が思うようにコトが進まなかったり、そもそもどうなりたいのかすら思い描く気力を失ったというか。目の前に来るものを、これは運命だからと抵抗なく受け入れ続けると、こういうことが起きるんですね。念じる力が弱まるんです。

毎日小さな決断を積み重ねて人は生きています。本来なら思い描く方に、強く願う方に己で切り拓いていくべきなんだと、ようやく再確認。っつか、なんで忘れているの?(笑)それが取り柄でもあったはずなのに。何に対しても’コミットできない’というのは、自分に意思がないだけ。っという結論に至った。

20141221b

あー。本文と全然関係ない画像載せてる。
新しいレンズを購入したの。被写体は、今回はシュライヒ社ではなくブルーダー社のもの。
ドナドナだね、まるで。彼からの誕生日プレゼントのおまけでもらったのだけど、ジク社の働く車シリーズはすごく臨場感がある。ちょっとまた物色してみようかな。

 

 

Oct 6, 2014

It’s good day to be…

IMG_2099.JPG
海辺は、インプットに最適だ。
そう、悟った休日。

なんだか心がモヤモヤ、ザワザワしたまま1ヶ月が経過。解決するすべもなく、あっと言う間に過ぎ去った。

そうだ。遠州灘に行こう。

(どこかのCMのパクリ?)

IMG_2100.JPG

もう、この景色大好き。
日本版サンタモニカと呼んでいる。

いつもは潮見坂ですが、今回は初めて中田島砂丘に向かいました。

IMG_2098.JPG

もう、最高。
ここにいると時間がゆったり流れる。
ヴァンサガヨガのために購入したヨガマットが大活躍。ヨガマットってヨガだけのものじゃないわね。

あーホント幸せ。

東京から約250㌔㍍。
思わず物件探したくなった

IMG_2086-1.JPG

心の避難地帯と言いますか、なんとも至福のときを過ごすことができました。久々に。

 

1 2 3 4 5 10